ルーセントメンタルヘルスマネジメント

カウンセリングを通じて、働く方のストレス対処能力を高めます。

働く人のうつ状態、うつ病、神経症などを対象に、予防からリワークまで専門スタッフによるサポートプログラムで対応します。

カウンセリング

ルーセントメンタルヘルスマネジメント(LMM)では、カウンセリングを具体的なアドバイスによってご本人様の問題解決を促したり、ご本人様に代わって解決するための手段ではないと考えております。
カウンセリングを通して、ご本人様が、ご自身の抱えている問題に自ら対処されるのをサポートいたします。

各種従業員支援プログラムをご用意
  • 復職支援センターにて社費による復職支援を提供
  • 企業との契約に基づく従業員支援プログラムを提供
  • 平成27年12月義務化のストレスチェックテストに対応
  • 労働者健康福祉機構「事業場外資源のうちメンタルヘルス相談の専門機関」登録

カウンセリング室

予防からリワークまで

【予防としてのカウンセリング(LMM)】
職場では、労働環境の厳しさや複雑な人間関係、仕事の重圧など、多くのストレスに悩まされています。
加えて、家庭環境や経済状況など悩みの種は絶えません。
悩みがこころの病をまねく前に、適切な対処が必要です。

LMMでは・・・
カウンセリングを通してストレスへの対処能力を高め、こころの健康を維持・回復できるようサポートいたします。

【リワーク支援(提携医療機関への紹介)】
心の病気によって仕事を休む人が増えています。
リワーク(復職)がスムーズにいかず、休職を繰り返すことも多くあります。
復職には適切なタイミングと職場との連携が欠かせません。

LMMでは・・・
提携医療機関でのリワークセンター利用に向けたサポートをするのはもちろんの事、リワークセンター終了後も継続的なフォローアップを行います。

カウンセリング

【予約】
初めての方は、お電話にてご予約願います。
※ご予約はご希望日前日までとなっております。(2回目以降も同様)

【初回面接】
カウンセリングについてご説明させていただいたうえで、ご相談の概要を伺います。

【カウンセリング(2回目以降)】
カウンセラーとご本人様が十分に話し合い、互いが合意したうえで、カウンセリングを行います。

従業員支援プログラム(EAP = Employee Assistance Program)

従業員のメンタルヘルスの低下による企業の経済損失を防止し、従業員と企業双方の生産性の維持・向上を目指します。

LMMでは・・・
従業員の抱える様々な問題について相談を受け、解決に向けたサポートを行います。
※ご契約いただいた企業様にお勤めの方は、ご負担なくサポートを受けていただけます。

【カウンセリング】
「こころの病の予防からリワーク支援まで」を基本姿勢としたカウンセリングを行っております。

【ストレスチェックテスト】
筑波大学開発によるPRAS(Preventive Risk Assessment System)を使用。
『ストレス要因』や『ストレス反応』だけでなく『ストレス対処能力』までも判定する新しいチェックシステムです。
気づかなかったストレスを認識し、こころが不健康になるのを予防します。

【研修・講演】
メンタルヘルスについて認識を深め、自己のこころの状態を正しく把握し、適切な対応ができるようになることを目指します。

【企業との契約に基づく復職支援】
復職支援センターにて復職支援プログラム、復職セカンドオピニオンなど安全な復職のためのプログラムを提供します。

医療と提携

メンタルヘルスのサポートには、医師の力を必要とする場合があります。

LMMでは・・・
医療機関と十分な連携をとっています。

【提携医療機関】
ルーセントジェイズクリニック仁大病院、仁大駅前クリニック 等

資格

専門家のカウンセラーが相談を受けます。
臨床心理士、その他相談援助に関わる資格を有する者が担当します。

プライバシー

プライバシーに関わる情報は、厳重に守られます。
ご本人様の同意なしに情報提供を行うことはありません。

受付時間

受付時間
午前
午後

■受付時間/ 月~金 10:00~12:00
          13:00~18:00
      土曜  9:00~12:00
          13:00~17:00
■休診日/ 日曜・祝日

ルーセントメンタルヘルスマネジメント ルーセントメンタルヘルスマネジメント

【お問い合わせ】TEL: 052-527-3005

医院のWEBサイトで詳細を見る